沖縄美ら島フォトコンテスト!

0

    今年も美ら島フォトコン入選しました。

    ちょっと変わったレンズを使用。

    民家の庭先に成っているパパイヤを撮影。

    こういう景色がやっぱり南国、沖縄って感じ。

     

    本来は水中で撮影をするのですがこうして陸でも撮影できます。

    このレンズはとにかく楽しい。

    単純にファインダーを覗いているだけでテンションアップ。

    ウキウキで撮影して入選までできて宙玉(そらだま)レンズに感謝。

     

     


    クラゲが見たいので・・・

    0

      桜も散ってしまった4月の休日

      クラゲに会いたくなって出かける事にした。

       

      水中で遭遇する事もあるし潜った方が早いのだが

      まずここは一般的な方法で見学といこう。

      場所は江ノ島水族館

      なんとベタな行動。

       

      しかし行ってみると結構楽しめた。

      水中で遭遇してもここまで近づいて観察するのは怖い。

      水槽越しにガン見。

      ゆったりと漂うクラゲに癒された一日だった。


      ピクトリコフォトコンテスト2017

      0

        3枚組写真で入選

         

         

        今年も入選を果たす事ができました。

        3枚とも私の好きな被写体です。

        テーマは「生き物と人とのふれあい」

        大物を主役にしてみました。

         

        今週4月8日が受賞式です。

         

         


        建フォトコンテスト!

        0

          建フォト大賞、特別賞を頂きました。

          そんなフォトコンテストがあるんだ?

          って言葉が聞こえて来るようなフォトコンテストが

          あるんですよ。

          建物コンサルタンツ協会が主催しています。

           

          この作品はもちろん水中です。

          屋久島の海の中。

          人が沈めたコンクリートが魚たちの棲家になって、

          ハタタテが群れたりアザハタがいたり

          美しいオアシスになっています。

          選んで頂いてありがとうございました。

           

           


          エプソンコンテスト2017

          0

            今年のエプソンフォトコンテスト入選しました。

             

            何だ!これは!って感じ・・・

            そうでしょう、海の中の出来事ですから。

            ダイビングガイドがパフォマンスでやる行動で

            エビのそばに寄って口を大きく開けると

            エビがこうしてクリーニングをしてくれます。

            エビにすれば生き物であればきれいに掃除をするのは

            誰でも良いのです。

             

            しかし海の中で口にくわえたレギレーターを外すのは

            大変勇気の要る行動で、さすが!

            くれぐれも良い子は真似をしなように。

             


            温泉サルの撮影旅行

            0

              ここは長野県地獄谷温泉の山道。

              始めの道は結構簡単かもと思う。

              しかしもっと奥へ行くと滑って危ない。

              スニーカで歩いている外人観光客もいるが・・無謀!

              先へ行けばいくほど凍っている。

               

              山道を歩くこと30分、途中でお出迎えするように子猿がいた。

              寄って撮影しても逃げない。がしかし

              人に愛嬌を振りまくでもない。

              ただただ自然体。

              寒いのか両足が丸まって可愛い。

              そこから又歩くこと15分

               

               

              すると野猿公園に到着。

              画面右側に湯気の立っている温泉。

              中に数匹の猿が温泉気分でゆったり。

              何と優雅な光景か。

              温泉のまわりを囲んでいる外人さんたちは大喜び。

              私は寒さの中しっかり撮影に集中した。

               

               

              スノーモンキーの撮影も無事完了。

              下山して待っているのは人間の露天風呂。

              冷えた体を温泉で温めてほっこり。

              陸撮もたまには楽しい。

               

               

               

               

               


              藤原ヒストリーグランプリ!

              0

                今年の藤原ヒストリーは妻が入選・・それもグランプリです。

                おみごと!

                と言うしかない。

                この作品はハタのクリーニングシーンです。

                共生関係が良くわかる作品です。

                 

                藤原ヒストリーは2014年に私がクラゲの中で生きるエビを

                撮影してグランプリを頂きましたので、これで夫婦共に

                グランプリ受賞で本当に感激です。

                ありがとうございました。

                 

                 


                2017年酉年なので。

                0

                  カメラのキタムラ入選作品

                  水深5mのロープに留まる海鵜

                  水中のえさを求めてここまで飛んで来ると言うか

                  泳いで来ます。

                  初めて見た時はもうびっくり!

                  海鵜はいたって普通にしているけど

                  何と言ってもここは海の中だから。

                  春になったら又会いに行きたい。

                   

                   


                  2017年谷口カレンダー

                  0

                    コンテスト受賞作品で製作している我家のカレンダー

                    今年の表紙はこんな感じです。

                    この写真はフイリピン、セブ島、リロアンで撮影。

                    リゾートホテルで帰国する30分前に時間をもてあましていたので

                    庭に咲いていたストレチアをつんでコップにさし、

                    バックの白いボートを意識して撮影しました。

                    フジフイルムの水のイメージフォトコンテスト入選しました。

                    環境に恵まれた撮影でした。

                     

                     

                     


                    日本旅行・旅フォトコンテスト

                    0

                      旅部門で入選しました。

                      ここはフイリピン、オスロブ村

                      ジンベエと遊ぶ事ができる湾があり

                      村の重要な観光産業になっている。

                      だからジンベエをとても大切にしている。

                       

                      遊ぶと言っても触ったりできない。

                      そばに寄って一緒に泳ぐくらい。

                      撮影時もストロボ発光禁止。

                      そんな条件の中で撮影した作品である。

                       

                       

                       


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                      PR
                      海写 kaisha
                      profilephoto 「海写」の管理人「つね」です。 横浜在住、夫婦でスキューバダイビングを趣味にしています。 特に水中写真が大好きです。 美しい写真、楽しい写真、もっともっと撮り続けます。
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM